契約・請求・入金業務からPMレポートの作成まで貸しビル経営の強力なパートナー

NEST
ホーム 会社情報 ニュースリリース 製品情報 環境事業部 採用情報 お問い合わせ サイトマップ
ホーム > 製品情報 > BICS(ビルテナント情報管理システム)
 
製品ラインナップを見る
導入をご検討の方へ
導入後のサポート体制について
 
>>BICSについて
ビルテナント管理ソフト
ビルテナント情報管理ソフト

一口に貸ビル経営と申しましても、日常の入出金管理から管理業者への支払い、未収金の管理や空室の募集活動、オーナーへの報告(レポート作成)まで、とかく煩雑な業務が多いものです。
このビルテナント情報管理システム(BICS)では、入居から退去までの過程を全てカバーしており、業務の効率化をサポートします。さらに、ビルテナント情報管理システム(BICS)は、新たに物件の修繕管理機能やPM業務のサポートを目的とした機能が追加されています。
ビル経営のサービス向上や業務の効率化はもちろんのこと、ビル収益の最大化に向けた強力なツールとして進化しています。
是非、貸しビル経営の強力なパートナー『ビルテナント管理システム(BICS)』をご活用ください。

BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴1
一つの貸室にかかるさまざまな請求を科目ごとに請求先を設定することができるため、 たとえば、賃料は本社へ、光熱費などの変動費は支社に直接請求するといったような、複数の宛先に分けて請求書を発行することが自動的に行えます。
また、複数の契約や貸室にわたる請求を1枚にまとめることも可能です。
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴1-1
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴1-2
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴2
区画登録機能により、一室を分割して賃貸する場合や2つの部屋を一室として賃貸する場合も簡単な登録作業で対応する事ができます。
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴3
ビルテナント情報管理システム『BICS』は、物件の空室状況照会や既存テナントからのクレーム・改善要望を管理する機能を備えています。新規テナント募集から、既存テナントの流出阻止まで、リーシング活動を支援するツールとしても活用できます。
※『BICS for PM』のみの機能となります。
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)の特徴4
ビルテナント情報管理システム『BICS』では、事業収支を検証するうえで有効なさまざまなレポート、オーナー様への報告資料(PMレポート作成※)を作成します。
※『BICS for PM』のみの機能となります。
導入事例
BICS(ビルテナント情報管理ソフト)導入事例1

ネットワーク版(C/Sシステム)を導入いただきました。
カスタマイズにて、独自の帳票を追加してご利用いただいております。

BICS(ビルテナント情報管理ソフト)導入事例2

スタンドアロン版(1端末でご使用)を導入いただきました。

BICS(ビルテナント情報管理ソフト)導入事例3

ネットワーク版(C/Sシステム)を導入いただきました。
オプションにて、お客さまご使用の会計システムとの連携を行い、ご利用いただいております。