不動産情報と契約情報の一元管理、CRE戦略をサポートします。

NEST
ホーム 会社情報 ニュースリリース 製品情報 環境事業部 採用情報 お問い合わせ サイトマップ
ホーム > 製品情報 > FM'er(総合施設・資産管理システム)
 
製品ラインナップを見る
導入をご検討の方へ
導入後のサポート体制について
 
>>FM'erについて
総合施設・資産管理ソフト
総合施設・資産管理ソフト

増大する不動産管理業務。不動産の減損会計、売却、証券化やリースバックなど、不動産情報に対する情報の一元管理の必要性を考え、NESTはFM'er(総合施設・資産管理システム)を開発。
FM'erは、あらゆる事業用不動産情報を管理。さまざまな切り口から豊富なレポート、データを出力します。企業不動産の価値を最大限に引き出し、企業価値向上に繋げる取り組み(CRE戦略)に効果を発揮します。

FM'erの特徴
総合施設・資産管理ソフトの特徴1
  • 事業統合時の拠点計画
  • 合併・合弁時の拠点計画
  • 所有不動産の証券化
  • 総合施設・資産管理ソフトの特徴2
  • 会計報告関連資料(固定資産関連、償却資産関連、支払調書など)
  • 不動産関連コスト管理資料
  • 総合施設・資産管理ソフトの特徴3
    土地や建物などの所有不動産、賃借不動産の情報を管理します。
  • 取得価格、現在簿価、路線価、公示価格・・・
  • 賃料、管理費、変動費、稼動率・・・
  • 各種不動産情報の登録
    総合施設・資産管理ソフトの特徴4

    不動産を「ロケーション」という単位で管理します。 ロケーションに対し複数の土地、建物、駐車場、設備・構築物、動産を関連付けます。

    ロケーション管理
    導入事例
    総合施設・資産管理ソフト導入事例1

    ネットワーク版(C/Sシステム)を導入いただきました。
    所有不動産、賃借不動産の管理と償却・固定資産の管理を行うことを目的にご利用されています。
    テナント管理機能(請求書発行、入金管理、空室管理など)による投資用不動産の効率的な運営や、不動産コストを場所別・項目別・期間別に把握することで不動産コストの削減および資産利用の最適化を図ることなどに役立てておられます。

    総合施設・資産管理ソフト導入事例2
    活用イメージ